元ザ・タイガース→教諭→音楽再開 瞳みのるさん、首元のこだわり

会員記事

佐藤陽
[PR]

 往年の名バンド「ザ・タイガース」のドラマーとして国民的人気を博した瞳みのるさん(75)。その後、高校教諭を経て、再び音楽活動に復帰した。彼のお気に入りは、ネッカチーフだ。自宅にはなんと約60種類に及ぶネッカチーフがあるそうだ。

写真・図版
瞳みのるさん=川村直子撮影

 瞳さんは、1946年に京都府で生まれた。67年、ザ・タイガースのドラマーとしてデビュー。「ピー」の愛称で親しまれた。しかし、71年に解散。「学問をやり直したい」と考えた瞳さんは猛勉強を重ね、慶応大学文学部に入り、中国語や中国文学を学んだ。大学院まで進み、慶応高校の教諭になり、「人見豊(みのる)」として33年間中国語などを教えた。その間は、一切芸能界とは縁を切った。

 教諭退職後に、再び音楽活動を開始、2013年のザ・タイガース復活コンサートにも参加した。いまは「二十二世紀バンド」を率いる。コロナ禍の前は、中国などでもライブを行っていた。

写真・図版
スカーフを手に話す瞳みのるさん=川村直子撮影

 ネッカチーフは、デビューし…

この記事は会員記事です。残り1101文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。