「刺した」と供述 20年前の広島・福山の主婦殺害事件で、容疑者

[PR]

 広島県福山市明王台5丁目の主婦(当時35)が2001年に自宅で殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された福山市西新涯町1丁目、無職竹森幸三容疑者(67)が「現場に行き、女性の腹部を刺した」「殺すつもりはなかった」という趣旨の供述をしていることが捜査関係者らへの取材でわかった。これまでの捜査では「記憶にない」と供述していたという。

 また、関係者によると、竹森容疑者は女性との面識はなかったとし、「お金があるのではないかと思った」と説明。「宅配の配達員を装って女性宅に入った」という趣旨の話をしているという。

 県警によると、竹森容疑者は01年2月6日午後0時45分ごろ、女性宅で女性の腹部を果物ナイフで突き刺すなどして殺害した疑いがある。当日、女性宅の非常警報装置が作動し、警備会社からの110番通報で駆けつけた警察官らが玄関近くで倒れている女性を見つけた。捜査関係者によるとこの際、玄関は施錠されておらず、付近に印鑑が落ちていたという。これまでの捜査で玄関がこじ開けられた形跡はなく、現金の入った財布が残っていたこともわかっている。県警は凶器の果物ナイフは竹森容疑者が持ち込んだとみている。

 捜査関係者によると、竹森容疑者が今夏、福山市内で刃物のようなものを所持したとして、県警は銃刀法違反容疑で捜査し、DNA型を任意で採取した。その後の鑑定で殺害現場に残された血痕の型と一致し、10月上旬に捜査線に浮上。逮捕の決め手になった。