4人死亡事故、初の賠償命令 タクシー運転手の過失も認める 三重

有料会員記事

岡田真実 佐々木洋輔
[PR]

 津市の国道で2018年12月、時速140キロ超の乗用車がタクシーと衝突し、乗客ら4人が死亡、1人が大けがを負った事故で、亡くなった乗客の会社員大西朗さん(当時31)の遺族らが、乗用車を運転していた元会社社長の末広雅洋受刑者(59)=過失運転致死傷罪で懲役7年が確定=と共和タクシー(津市)に、計約1億4千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が11日、津地裁であった。竹内浩史裁判長は、末広受刑者と共和タクシーに連帯して、計約7500万円の賠償を支払うよう命じた。この事故で、賠償命令が出るのは初めて。

 判決などによると、末広受刑者は18年12月29日午後9時50分ごろ、津市本町の国道23号で時速146キロで乗用車を運転。国道を横断しようとしたタクシーに衝突し、大西さんら乗客3人とタクシー運転手の計4人が死亡した。

 判決では、末広受刑者が制限速度を大幅に超過するなどの過失があるとしたほか、タクシー運転手にも、道路を横断する際、進行方向と直角に停車するなどの過失があると指摘。事故は、末広受刑者とタクシー運転手の両者の過失が競合して発生したと示した。その上で、末広受刑者と、共和タクシーの両者に連帯して損害を賠償する責任があると認めた。

 事故をめぐっては、タクシーに乗車して亡くなった横井大和さん(当時37)の遺族が、末広受刑者と共和タクシーを相手取り、損害賠償を求める訴訟を起こしている。(岡田真実)

遺影と飲んだ温かいコーヒー

 「厳しい判決でした」…

この記事は有料会員記事です。残り393文字有料会員になると続きをお読みいただけます。