時代の一歩先を歩んだ、おちゃめな寂聴さん 語録と写真で振り返る

有料会員記事

岡田匠、上原佳久
[PR]

 9日に99歳で亡くなった作家で僧侶の瀬戸内寂聴さんは、時代の一歩先を歩んできた。自立した女性の先駆けであり、愛に生き、自由を求め、平和を訴えた。おちゃめさもまた、魅力だった。もう一度、会いたい。寂聴さん――。

 「良妻賢母だったのよ。信じてもらえないかもしれないけど」。戦時中に結婚し、女の子を産んだ。だが戦後間もなく、夫の教え子と恋に落ち、幼い娘を残して作家の道を歩き出した。

 本人が言うように、良妻賢母が求められた時代。ましてや女性作家は数えるほど。そのなかで愛に生き、ペン一本に人生をかけた。まさに当時の独立した女性の先頭を走っていた。

 すぐに芽が出たわけではない。1950年代、純文学をめざしたが、少女小説を書いた。「天才」と認める三つ年下の三島由紀夫にファンレターをしたためたら自筆の返事が届き、文通が始まった。少女小説のペンネームはどうしたらいいか。寂聴さんが三つの候補を示すと、三島がそのうちの「三谷晴美」を丸で囲んでくれた。

 57年の小説「花芯(かしん)」は性描写が話題を呼び、男性中心の文壇から「子宮作家」とレッテルを貼られた。書く場所を限られた不遇の時期を経て、作家・岡本かの子らの伝記小説で飛躍をつかむ。モデルはいずれも、寂聴さん自身を思わせる旧習に縛られない自由な女性だった。

 だが、51歳で突然の出家を…

この記事は有料会員記事です。残り926文字有料会員になると続きをお読みいただけます。