トヨタ、12月世界生産は最高水準の80万台 国内全工場が通常化

有料会員記事

三浦惇平
[PR]

 トヨタ自動車は12日、12月の生産台数について、全世界で80万台前後になる見通しだと発表した。12月として過去最高水準となる。部品不足で一部工場で操業停止が続いていたが、7カ月ぶりに国内全14工場28ラインを通常稼働させる。減産した分の挽回(ばんかい)も見込む。

 新型コロナウイルスの感染拡大で東南アジアからの部品供給が滞っていたが、感染拡大が多くの国・地域で収まり、供給網が正常化しつつある。

 11月も、単月での過去最高水準となる約85万~90万台になる見通しだ。12月は年末の休暇があるため操業日数が少なくなるものの、生産台数は12月として過去最高の前年同月(約76万台)を上回る見込みだ。

 トヨタは、部品不足によって…

この記事は有料会員記事です。残り258文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!