「光るブロッコリー」今年は光りません 駅前の新名物だったけど

[PR]

 「光るブロッコリー」が、今年は光らないことになった。

 名古屋駅前のタクシー乗り場付近の2本のクスノキのイルミネーションが、ブロッコリーのように見えると、ネットなどで話題になってきた。

 同駅周辺では毎冬「メイエキイルミ」として、各所でイルミネーションが楽しめる。今年は10日に一斉に点灯された。

 JR東海などの4社が「光るブロッコリー」を手がけてきたが、今年は点灯しないという。

 4社のうちジェイアールセントラルビルの広報担当者は「今年はクリスマスツリーに注目して」と理由を説明する。

 同駅前に設置されたツリーは高さ12メートルで、5万個ものLEDで彩られている。

 午前7時から白くほのかに光り、午後5時から午前0時までは色とりどりに輝く。

 このツリーの暖かな光がより目立つよう、周辺の光を抑えたという。

 11月20日正午にはツリー前で聖霊中学高校(愛知県瀬戸市)のオーケストラ部のコンサートも予定されている。ツリーは12月25日まで見られる。