遠出しないアウトドア、コロナ下で人気 関連グッズや施設も好調

有料会員記事新型コロナウイルス

小林直子、進藤健一
[PR]

 自宅内やベランダを使った「おうちキャンプ」、折りたためるいすを持って公園や河川敷でのんびりと過ごす「チェアリング」――。外出を控えたコロナ禍を経て、遠出をせずに、自宅や身近な場所でアウトドアに親しむ人が首都圏で増えている。調理やファッションにアウトドア用品を採り入れる人も多く、気軽にアウトドア体験ができる施設も人気を集めているようだ。

 東京都内の男性会社員(41)は昨春の1回目の緊急事態宣言中、自宅マンションの1室を「キャンプ場」にした。家具が何もない5畳ほどの部屋に毎朝、キャンプ用のいすやテーブルを「設営」し、家族で食事したり、在宅での仕事場所にしたり。「自宅でもキャンプの雰囲気を楽しんでいます」

 子どもの通う小学校が休校になり、家で子どもを飽きさせないための工夫として始めた。緊急事態宣言が全面解除された後の先月、久しぶりに家族で都外のキャンプ場に出かけたが、いまも家で調理器具や家具にキャンプ用品を活用する。男性は「家でも楽しく過ごせる。今後も続けるつもり」と話す。

「おうちキャンプ」関連商品、昨年より問い合わせ増

 アウトドア用品を手がけるス…

この記事は有料会員記事です。残り1768文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]