木下富美子都議の免許取り消し 免停中に事故、意見聴取は欠席

[PR]

 免停中に車を運転して人身事故を起こしたとして、自動車運転死傷処罰法違反(無免許過失運転致傷)などの容疑で書類送検された木下富美子都議(55)が12日、都公安委員会から免許取り消しの行政処分を受けた。関係者への取材で分かった。

 関係者によると、道路交通法が定める違反行為の点数が、取り消し処分の基準に達した。この日午前には弁明ができる「意見聴取」が予定されていたが、木下氏は欠席したという。

 書類送検の容疑は、免許停止の行政処分を受けていた際、乗用車を何度も運転したり当て逃げ事故を起こしたりしたというもの。事故が起きたのは、7月の都議選期間中だった。

 木下氏は送検されてから初めて議会に姿を見せた今月9日、記者団に「二度と繰り返すことのないよう車の運転はいたしません」と話した。都議会は辞職勧告決議を2回可決しているが、木下氏は議員を続ける意向を示している。