残念だった…母の遺影、父に残したかった「おもいで」

有料会員記事

小原智恵
[PR]

 何げなく見ていた雑誌のお知らせに目がとまった。

 「65歳以上の希望者1人の『おもいで写眞(しゃしん)』をプロカメラマンが撮影します」

 映画「おもいで写眞」にちなんだ企画、と書いてある。

 久々に地元に戻ってきた主人公が、お年寄りの遺影写真を撮る仕事を引き受ける。初めは皆「縁起でもない」と嫌がったが、「思い出の場所で写真を撮る」という企画に変えると、たちまち人気を呼ぶ――。そんなストーリーの映画だ。

 企画は単なる遺影撮影ではなく「素敵な思い出のある場所で写真を撮ります」という。

 名古屋市の青井郁佳(かよ)さん(54)は、コロナ禍で生きがいを失い落ち込んでいる父・秀實(ひでみ)さんの「傘寿(80歳)になる思い出になれば」と考えた。

 「父親らしい写真を残してあげたい」

母の遺影に「置いてかれちゃった」

 郁佳さんは「遺影」に苦い思い出があった。

 実家の仏壇にある母の遺影だ…

この記事は有料会員記事です。残り898文字有料会員になると続きをお読みいただけます。