攻められても、じっと我慢した里見香奈女流五冠 「持ち味出せた」

有料会員記事

村瀬信也
里見香奈女流四冠「気持ちを切らさずに指せた」2年ぶりに女流五冠に~両対局者インタビュー&感想戦~【第43期女流王将戦第3局】=村瀬信也撮影
[PR]

 今月4日。両者1勝1敗で迎えた女流王将戦三番勝負の第3局が東京・将棋会館で指された。戦型は3戦連続の相振り飛車。西山の攻めをしのいだ後の里見の反撃が厳しかった。

 午後4時55分、西山が投了。里見の3期ぶり通算8期目の女流王将獲得が決まった。

 将棋の里見香奈女流五冠(29)=清麗・女流名人・女流王位・女流王将・倉敷藤花=が、第43期女流王将戦三番勝負(囲碁・将棋チャンネル主催)を制して2年ぶりに女流五冠に復帰した。前女流王将の西山朋佳女流三冠(26)=白玲・女王・女流王座=との女流タイトル戦は5回目で、初めて勝った。これまで経験してきた数々の試練が血肉となり、将棋の質も変化しつつある。

 里見は三番勝負を「悪いところも出たが、気持ちを切らさずに指せた」と振り返った。一方、西山は「勝負どころでいいところに手が伸びなかった。ふがいない内容の将棋が多かったが、伸び代と考えて今後も頑張りたい」。10月半ばに自身初の女流四冠となったが、その時のような笑顔はなかった。

 感想戦の後、里見のインタビューが行われた。本局では早い段階でうっかりがあって苦戦を意識したが、崩れなかった。「不思議と冷静に考えられた」

 そのように戦えた背景には対局数の増加がある。

 棋戦が増えた影響で今年度は…

この記事は有料会員記事です。残り848文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら