森を抜けて岩場を登って……玄界灘の絶景に会える 福岡・志摩芥屋

有料会員記事

文・鳥居達也、写真・藤脇正真
写真・図版
芥屋の大門展望所へと続く遊歩道。一歩足を踏み入れると、幻想的な世界が広がる=2021年10月15日午後、福岡県糸島市志摩芥屋、藤脇正真撮影
[PR]

 遊歩道の両脇の樹木がトンネルをつくり、「トトロの森」を思わせる幻想的な世界が広がる。体感しに行こう。福岡県糸島市へ。

 玄界灘にドラゴンの頭のように突き出た北部九州の糸島半島。その北西端に位置する志摩芥屋(けや、福岡県糸島市)が最近、観光客の人気を集めているという。秋晴れの現地を訪ねた。

 まず海に向かって大口を開ける奇岩「芥屋の大門(おおと)」近くの公園へ。玄界灘が望める小さな展望台にかけて登り口から180メートルほど続く遊歩道がある。うっそうとした雰囲気がたちこめる通称「トトロの森」。徒歩約5分で到着する展望台からの眺望もなかなかだが、これはまだ「序の口」だ。

 奥行き90メートル、間口10メートルの芥屋の大門は国の天然記念物。旧志摩町の町史などによると、鎖国政策を進めた徳川幕府によって1645(正保2)年、異国船の来航を監視する芥屋遠(とお)見(み)番所が置かれた。付近一帯は1960(昭和35)年、東映映画「海賊八幡船(ばはんせん)」のロケ地になり、村上水軍の本拠地入港のシーンが撮影されたという。

記事後半では、地元で人気のグルメスポット紹介や会員登録すると応募できるプレゼントもあります。

 ここから「志摩サンセットロ…

この記事は有料会員記事です。残り869文字有料会員になると続きをお読みいただけます。