コーヒー豆をもらい、さあ困った NYの街をさまよった大江千里さん

有料会員記事

[PR]

大江千里さんコラム「NY 今を生きる」

写真・図版
「何ということでしょう。こんなにお店でひいてもらったように!」=本人提供

 〈NY在住のジャズピアニスト大江千里さんのコラムです。知り合いにもらったコーヒー豆を飲みたいけれど・・・〉

 ハワイのラジオDJの方へCDをお送りしたら、お返しでコナコーヒーの豆を送って頂いた。さっそく飲みたいけれど、ウチには豆をひく道具がない。「素知らぬ顔でスーパーのコーヒーコーナーへ行き、何食わぬ顔で豆をひいちゃえばいいよ」と友人はよからぬアドバイスをしてくれるけれど、僕にその勇気はない。

 豆を抱えて途方に暮れながら、あちこち歩く。ひく道具のありそうな店に入り、別の買い物をして「ちょっと相談なんだけど」と持参の豆を見せてお願いする。しかし100%間違いなく、「うちで買った豆だったらいざ知らず」というつれない回答が帰ってくる。

 さて、困った。スリコギで豆を飛び散らせながら自宅でやるか。確か、うちにジュースを作るミキサーがなかったかなと思い出し、家の中を探す。

写真・図版
ほこりまみれで棚の奥に隠れていたミキサーと頂き物のコーヒー豆=本人提供

 引っ越しで棚の奥に引っ込ん…

この記事は有料会員記事です。残り542文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!