宝塚OG公演をプロデュース 「多様な人材細やかに」 小川友次社長

[PR]

 宝塚歌劇の舞台をおりた元タカラジェンヌたちの道は様々だ。退団後の「第二の人生」をサポートする取り組みを追った。

元トップ以外も、より細やかにフォロー

 宝塚歌劇団を運営する阪急電鉄は昨春、OG公演をプロデュースする新会社「タカラヅカ・ライブ・ネクスト」(大阪市)を立ち上げた。

 新会社を今春から率いているのが、小川友次(ともつぐ)社長(65)だ。宝塚歌劇団の理事長を2015年から6年間務め、梅田芸術劇場(大阪市)の会長も兼務している。

 「トップスターの脇を支えた人が、退団後に活躍できる場をつくりたいと思っていた。バイプレーヤーや歌える人、スタッフやプロデューサーに向いているなど多種多様な人材がいる。より細やかにフォローしていけたら」と語る。

 現在は、OG7人が「登録アーティスト」としてマネジメント契約を結んでいる。エトワールを務めたこともある歌い手の音花(おとはな)ゆり(元星組娘役)、振付師でダンサーの風馬翔(ふうまかける)(元宙組男役)など多彩な顔ぶれがそろう。

旗揚げ公演、ディナーショーも

 これまでも、梅田芸術劇場は元トップたちの主演する公演を多く手がけている。ライブ・ネクストは、トップ以外の人気スターや、歌やダンスで要所を締めた卒業生の主演公演に力を注ぐ。

 今年9月には、ライブ・ネクストの旗揚げ公演「アプローズ~夢十夜~」が宝塚バウホールで開かれ、元雪組スター彩凪翔(あやなぎしょう)を主演に迎えた。12月にホテル阪急インターナショナルで開かれる元花組男役・瀬戸(せと)かずやのクリスマスディナーショーの企画制作も手がける。

記事後半で、今後の構想も語ります。

 実動のスタッフは、梅田芸術…

この記事は有料会員記事です。残り398文字有料会員になると続きをお読みいただけます。