「ヤバいと思わへんの?」 オメガ売り、家を失い…40歳は空を飛ぶ

[PR]

 「俺、振り回され過ぎですよね? 出たいなんて思わない方が幸せだと思いますよ、本当に」

 クシャッとした笑顔で、田原直哉は言った。

 空中での回転技を競うフリースタイルスキー・男子エアリアルの国内第一人者だ。この冬で、41歳になる。

スポーツPlus

スポーツPlusはオリジナル記事を有料会員の方にメールで先行配信するニュースレターです。今回は11月16日配信分をWEB版でお届けします。

 「五輪」をめぐって、彼ほど起伏の激しい競技人生を送ってきたアスリートを、私は知らない。

 元々は、体操のトップ選手だった。日体大にいたときにはナショナルチームにも選ばれた。

 だが、2004年アテネ五輪の代表にあと一歩届かなかった。

 次の五輪を見据えた矢先に右肩を痛め、06年に引退した。25歳だった。

 この年に行われたトリノ冬季五輪。失意の中、テレビで偶然目にしたエアリアルが人生を動かした。

 「これなら体操の感覚が生きるかも。五輪にだって行けるんじゃないか」

 和歌山県出身。それまでスキーを滑ったことさえなかった。

 どうにかして五輪に出たい。体育館でかなえられなかった夢を、雪上に求めた。

 マイナー競技を取り巻く環境は厳しい。遠征費や用具代にあてるため、大学の卒業記念で買ったオメガの腕時計も、趣味の釣り道具も売り払った。

 13年以降は所属企業もなく、アルバイトで食いつないだ。生活費を切り詰め、友人が持っている家に転がりこんだ。

 18年、平昌五輪へ出た。競技を転向して12年。37歳になっていた。

 ここで終わっていれば、物語はハッピーエンドだったかもしれない。

 そんな結末は望まなかった。

 思ってもいなかった感情に、出会ってしまったから。

 「こんなにも、うれしくないんだって。出場することは、考えていたほど重要ではなかったのかもしれません」

 19位。予選敗退が、悔しくてたまらなかった。

 「最低限のことはできたかなと思うんです。ただ、70%の力でまとめにいってしまった」

 心の底に、忘れられない記憶がある。

 04年アテネ五輪。男子体操…

この記事は有料会員記事です。残り666文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!
スポーツPlus

スポーツPlus

競技に生きる、そこに生きた、それを支えた人たちの、勝ち負けだけじゃない物語を描きます。ニュースレター「スポーツPlus」は、有料会員の方に毎週お届けします。[記事一覧へ]