オリックスが日本シリーズ進出決定 土壇場に追いつく

[PR]

 プロ野球パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)最終ステージ(S、6回戦制)は12日、京セラドーム大阪で第3戦があり、リーグ1位のオリックスは2位ロッテと3―3で引き分けた。

 1位に与えられる1勝のアドバンテージを含めて3勝1分けとし、1996年以来、25年ぶりの日本シリーズ進出決定。20日開幕の日本シリーズで、セ・リーグ1位でCS最終Sを突破したヤクルトと対戦する。

 オリックスは1点を追った六回、宗の右越え2ランで逆転。七回に2―2の同点とされ、八回に1点を勝ち越されたが、九回に連打で無死一、二塁とし、小田の二塁打で引き分けに持ち込んだ。

 2戦目まで無得点のロッテは、中村奨が三回に先制犠飛、八回には勝ち越しソロ本塁打を放つなど流れをつかみかけたが、抑えの益田が踏ん張れなかった。