宇野昌磨が首位発進に満足しない理由 「良い順位になりたいけど…」

有料会員記事

岩佐友
[PR]

 100点超えでの首位発進にも宇野昌磨に笑顔はなかった。

 「できのいい、悪いではなく、どんな理由であれ、セカンドのジャンプをダブル(2回転)にしてしまったのがよくなかった」

 そう悔しがったのは、4回転―3回転の連続トーループを、4回転―2回転にしたことだ。

 「一つ目のジャンプが乱れたけど、トリプル(3回転)が跳べたなと映像を見て思った。失敗を恐れずにもっと挑戦するべきだった」

 自分に厳しいのは、かつてないほどに手応えを感じていたからだ。

 前日の公式練習に続き、この日午前も、直前の6分間練習でも、4回転ジャンプを次々と着氷した。

 さらに4回転―3回転の連続トーループには特に力を入れてきた。

記事後半、一問一答で宇野選手の言葉をお届けします。

 「エキシビションやアイスショーなどで、トーループを増やした。練習に比べて試合の成功率があまりに低いので、アイスショーから失敗しても取り組み続けた」。普段の練習でも単発では跳ばずに、連続ジャンプだけを繰り返してきた。

 そこまでこだわる理由はシンプルだ。宇野は言った。

 「僕が世界のトップで戦える…

この記事は有料会員記事です。残り1502文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!
フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]