立憲・枝野氏「実態以上に共産と近い関係と受け止められた」

有料会員記事立憲

[PR]

 立憲民主党枝野幸男代表が12日に開いた記者会見の主なやりとりは次の通り。

 ――衆院選共産党と「限定的な閣外からの協力」を打ち出したことや、候補者を一本化して戦った戦略への評価は。

 最終的には、科学的な分析を基にして新執行部でしていただきたいが、実際に小選挙区の当選者の数は増えていて、少なくとも今回の選挙での小選挙区での戦いには、かなり大きな意義があった。大きな方向性について、今回の選挙で違う選択肢をとりようがなかったと思う。選択に後悔はない。

 ――新代表にも同じ方向性を…

この記事は有料会員記事です。残り673文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!