日米外相が初の電話協議 2プラス2の早期開催調整で一致

菅原普
[PR]

 林芳正外相は13日午前、米国のブリンケン国務長官と就任後初めてとなる電話協議をした。日本側の発表によると、日米が提唱する「自由で開かれたインド太平洋」の重要性を確認し、外務・防衛担当閣僚会合(2プラス2)の早期の開催に向けて調整することで一致したという。

 林氏によると、ブリンケン氏とは中国を含む地域情勢について意見を交わし、台湾海峡の平和と安定が重要との認識を共有。日米同盟の抑止力、対処力の強化を進めることを確認したという。

 また、ブリンケン氏は、日米安保条約第5条の尖閣諸島への適用を含む対日防衛の関与は揺るぎない、と表明。林氏が、北朝鮮による拉致問題についての協力を求め、ブリンケン氏から支持を得たという。

 林氏は電話協議後、記者団に「自分もブリンケン長官もバンドを組んでいたこともあり、日米同盟の一層の強化に向けて長官との間でも良いハーモニーを奏でていければ」と述べた。(菅原普)