入札の申請期限は12月5日 カープ鈴木誠也、大リーグ挑戦か残留か

有料会員記事

辻健治
[PR]

 ポスティングシステム(入札制度)を利用しての大リーグ挑戦か、残留か――。

 プロ野球・広島東洋カープ鈴木誠也外野手の動向が注目を集めている。

 今夏の東京五輪で金メダルを獲得した日本代表「侍ジャパン」の4番も務めた27歳は、どんな決断を下すのだろうか。

 5日、大リーグの公式サイトは鈴木誠が今オフ、メジャーに挑戦する見通しだと報じ、フリーエージェント市場のトップ外野手に匹敵すると紹介した。

 大リーグの球団幹部や代理人が集うゼネラルマネジャー(GM)会議で「複数球団が関心」とも報じられた。

 今季の鈴木誠は首位打者(3割1分7厘)と最高出塁率(4割3分3厘)のタイトルを手にし、自己最多38本塁打を放った。6年連続で打率3割と25本塁打をクリアした。

 1日、神宮球場での今季最終戦後、去就について問われると「まだ何とも言えない。これから色々話していくんじゃないかなって。どうなるか分からない」と答えた。

 鈴木誠は近年、大リーグへの思いをはっきりと口にしてきた。

 初の首位打者を獲得した20…

この記事は有料会員記事です。残り479文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!