TPP加盟狙う中国、日本は牽制 各国の思惑交錯したAPEC閉幕

有料会員記事

若井琢水、青山直篤、台北=石田耕一郎
[PR]

 日米中など21の国・地域が参加するアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議が12日夜、コロナ禍からの経済回復を柱とする首脳宣言を採択して閉幕した。中国と台湾が加盟申請している環太平洋経済連携協定(TPP)について各国の思惑が交錯するなど、アジア太平洋地域の経済秩序づくりをめぐる混沌(こんとん)ぶりを浮き彫りにした。

 中国と対立する台湾の代表として出席した半導体大手「台湾積体電路製造」(TSMC)の創業者、張忠謀(モリス・チャン)氏は世界的な半導体不足に言及し、「自由貿易こそが最良の解決法だ」と指摘。「台湾は科学技術分野で代替不可能な役割を果たしており、TPPの高いレベルのルールも守るつもりだ」と支持を訴えた。

 中国の習近平(シーチンピン)国家主席はTPPへの加盟申請について「確固として対外開放を拡大し、中国が発展する機会を世界やアジア太平洋の各国と分かち合う」などと述べ、中国への警戒論は不要だとの姿勢を強調した。

 一方、岸田文雄首相は中国を念頭に「TPPは不公正な貿易慣行や経済的威圧とは相いれない。市場アクセス、ルールの両面でハイスタンダードを維持し、自由で公正な経済秩序の構築に貢献する」と牽制(けんせい)した。

 「自由で開かれたインド太平洋を確固たるものにするため、APECとの関係を強める」。バイデン米大統領は首脳会議後に声明を発表。ただ、TPPに対する姿勢を含め、新たな政策構想をAPECを舞台に打ち出す姿勢はみられなかった。

 APEC首脳会議は冷戦終結…

この記事は有料会員記事です。残り408文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!