「難民問題を生んだのは欧米だ」 プーチン大統領がベラルーシ擁護

有料記事

喜田尚
[PR]

 ベラルーシが近隣の欧州連合(EU)加盟国に中東からの移民・難民を送り込んでいると批判されている問題について、国家連合を組むロシアのプーチン大統領は「難民問題を生み出したのは欧米だ」と述べ、ベラルーシのルカシェンコ政権を擁護した。ロシア大統領府が13日公表した国営テレビとのインタビューで明らかにした。

 プーチン氏は中東、アジアから欧州に難民が押し寄せている問題について、「ベラルーシが始めたのか? そうではないだろう」と述べ、アフガニスタンイラクなどへの欧米の軍事介入が原因だと指摘。ベラルーシには人々の目的地とされるドイツと協議する意思があるとし、「話し合いでの解決を望む」とも述べた。

 ルカシェンコ政権がEUの制裁に対抗するため、イラクやアフガニスタンからの移民・難民を入国させ、組織的にリトアニアやポーランドの国境に向かわせているとのEU側の主張には、インタビューした記者もプーチン氏も触れなかった。

 この問題では、ポーランドが…

この記事は有料記事です。残り431文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!