捕鯨母船が山口・下関に入港 生肉を初めて荷揚げ

貞松慎二郎
[PR]

 今年の操業を終えた捕鯨母船「日新丸」(8145トン)が14日、山口県下関市下関港に入港し、イワシクジラの生肉を荷揚げした。2019年の商業捕鯨再開から3年目、母船式捕鯨でクジラの生肉が下関港に荷揚げされるのは初めて。16日に市場で競りにかけられる。

 操業する共同船舶によると、今回の生肉は、北海道の根室沖で11月8日に捕獲した大型のイワシクジラのメス(体長約15メートル、体重約29トン)。最高級部位の「尾の身」など1・4トンを小型コンテナ6個に分けて荷揚げした。捕獲したクジラは通常、母船に積み込まれて解体・冷凍されるが、生肉は一度も冷凍せずに氷温冷蔵することでうまみが増すという。

 日新丸は6月以降、クジラを実際に捕獲する第3勇新丸との2隻態勢で三陸沖や北海道東部沖で操業。定められた捕獲枠のニタリクジラ187頭、イワシクジラ25頭を捕りきり、これまでに仙台港(仙台市)などでも荷揚げした。

 共同船舶の所英樹社長は生肉荷揚げの狙いについて「脂が乗って大変おいしい。正しい価値をわかってほしい」と話した。貞松慎二郎