鹿児島・出水で再び鳥インフルか 3万8千羽の殺処分終えたばかり

白石昌幸
[PR]

 鹿児島県は14日、県北西部の出水市養鶏場鳥インフルエンザの感染が疑われる鶏が新たに見つかったと発表した。簡易検査の結果、陽性反応が出た。国がPCR検査を実施し、鳥インフルエンザかどうかを判定する。確定すれば国内の養鶏場では今季3例目、九州では今季2例目となる。

 出水市では12日に高病原性鳥インフルエンザが発生し、すでに約3万8千羽の殺処分が終了している。

 県によると、13日に鶏や卵の移動を禁じる「移動制限区域」(国内2例目の発生農場から3キロ圏内)にある23の養鶏場を対象にした鶏の遺伝子検査で、一つの農場から感染が疑われる検体を確認。14日に県家畜保健衛生所が簡易検査し、死んだ鶏5羽のうち3羽で陽性を確認した。現在、国がPCR検査を実施している。

 感染が確定した場合、県は「移動制限区域」や区域外への持ち出しを禁じる「搬出制限区域」を設定し、この養鶏場で飼育している採卵鶏1万1千羽の殺処分を始める。

 県は14日夜に開いた記者会見で、緊急措置としてこの養鶏場で飼育している鶏や物品などの持ち出し禁止と、周辺農場の移動自粛の要請に着手したことを説明。殺処分に向けて職員を動員する準備も始めた。

国内2例目は3万8千羽の殺処分を終える

 鹿児島県は14日、高病原性の鳥インフルエンザ(H5亜型)が発生した同県出水市の養鶏場で、対象となる約3万8千羽の殺処分を終えたと発表した。現時点で防鳥ネットの破れなど防疫態勢の不備は見つかっていないという。13日から県職員計約900人態勢で殺処分などの対応を進めていた。(白石昌幸)