実質GDP、年率3.0%減 7~9月期、2四半期ぶりマイナス成長

[PR]

 内閣府が15日公表した2021年7~9月期の国内総生産(GDP)の1次速報は、物価変動の影響を除いた実質(季節調整値)で前期(4~6月期)比0・8%減、年率換算では3・0%減となった。マイナス成長は2四半期ぶり。

 GDPの半分以上を占める個人消費が1・1%減と、2四半期ぶりのマイナスになったことが響いた。期間中の3カ月間のほとんどで新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が出ており、外食や宿泊などが低迷した。世界的な半導体不足に加え、東南アジアでコロナ感染が広がり、日本企業が使う自動車部品などの輸入が滞って自動車がつくれず、販売が落ちたことも重なった。