元ラグビー日本代表監督の日比野弘さん死去 強豪ウェールズと名勝負

 日本ラグビー協会会長代行やラグビー日本代表監督を務めた日比野弘(ひびの・ひろし)さんが14日、死去した。86歳だった。葬儀は家族葬で営む。喪主は長男努さん。

 東京都出身。現役時代は早稲田大学や日本代表でウィングとして活躍。日本代表監督としては1983年の欧州遠征で松尾雄治さんらの選手を率い、当時は圧倒的な実力差があったウェールズ代表と24―29の接戦を演じた。日本ラグビー界屈指の名勝負の一つとして語り継がれる。

 早大監督は4度務め、全国大学選手権で70、73、74年度の3度優勝。70年度には社会人王者だった新日鉄釜石を破り、日本選手権も制した。早大人間科学部教授などを歴任した。

 日本協会では2004年、当時の町井徹郎会長の死去を受けて会長代行となった。11年ワールドカップ(W杯)招致委員会の委員長も務めた。11年大会の誘致はならなかったが、19年W杯の実現につながった。