阪急の踏切事故で会社員を書類送検 後部座席のマスク取ろうとしたか

[PR]

 神戸市東灘区の阪急神戸線岡本駅近くの踏切で9月、特急電車と乗用車が衝突した事故があり、兵庫県警は15日、車を運転していた会社員の男性(53)=神戸市=を過失往来危険の疑いで書類送検した。捜査関係者への取材でわかった。

 事故は9月15日午後9時過ぎに起きた。遮断機が下りた状態の踏切内で、大阪梅田発新開地行きの特急電車(8両編成)が車と衝突。大破した車は駅のホーム付近まで押し出されて止まった。電車の乗客1人が首の痛みなどを訴え、搬送された。男性は自力で脱出し、命に別条はなかった。

 捜査関係者によると、男性は踏切の手前で停車中、後部座席のマスクを取ろうとしてブレーキから足が外れ、車を踏切内に進入させて電車と衝突させた疑いがある。容疑を認めているという。

 この事故で、阪急神戸線は上下線合わせて101本が運休・遅延し、約2万2千人に影響が出た。