西宮神社の「福男選び」、2年連続で中止に 「感染リスク高まる」

新型コロナウイルス

松永和彦
[PR]

 兵庫県西宮市の西宮神社は15日、毎年1月10日に開いている「福男選び」を、来年も中止すると発表した。人が密集して、新型コロナウイルスの感染リスクが高くなるためとしている。今年も中止されており、2年連続の中止は雑踏事故が原因だった1966、67年以来だという。

 福男選びは、1月10日午前6時の表大門の開門と同時に約230メートル先の本殿を目指して走り、到着した順に一~三番福が選ばれる神事。例年、約5千人が参加する。

 同神社によると、中止した今年は開門前に約500人が並んだが、互いに距離をとり、歩いて参拝してもらった。来年も同様の対応になる予定だという。(松永和彦)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]