勤務先金庫から10万円盗んだ疑い、元銀行員逮捕 2350万円不足

[PR]

 勤めていた関西みらい銀行の支店から現金を盗んだとして、京都府警は15日、大津市富士見台の無職、井手口陽容疑者(42)を窃盗の疑いで逮捕し、発表した。「思い出せない」と容疑を否認しているという。

 捜査3課によると、井手口容疑者は今年1月8日~12日の間、勤務していた関西みらい銀行御池支店(現在は京都支店内に移転)の金庫から、現金10万円を盗んだ疑いがある。

 同行によると、同支店の現金は残高より2350万円少なくなっており、府警が関連を調べている。

 府警は支店内の防犯カメラの映像などから井手口容疑者を特定したという。同行によると、井手口容疑者は当時、同支店のお客さまサービス課長で、金庫を開閉できる立場だった。現金の不足は4月に発覚し、井手口容疑者は5月に懲戒解雇された。