神戸5人殺傷、無罪判決に地検が控訴 「心神喪失」に不服

岩本修弥
[PR]

 神戸市北区で2017年、親族や近隣住民計5人が殺傷された事件で、神戸地検は16日、殺人や殺人未遂などの罪に問われた男性被告(30)を無罪(求刑無期懲役)とした一審の神戸地裁判決を不服として、大阪高裁に控訴した。

 神戸地裁は4日の判決で、事件当時の被告について、「哲学的ゾンビ」を殺せば知人女性と結婚できると思い込み、「妄想などの精神症状の圧倒的影響下にあった疑いを払拭(ふっしょく)できない」と指摘。「(刑事責任能力が認められない)心神喪失状態にあったとの合理的疑いが残る」と判断した。検察側は、被告は心神耗弱状態で、善悪を判断する能力は残っていたと主張していた。

 被告は17年7月、自宅で祖母の南部観雪(みゆき)さん(当時83)と祖父の達夫さん(同)を金属バットで殴るなどして殺害し、母親(57)にも重傷を負わせたうえ、近くにいた辻やゑ子さん(当時79)を包丁で刺殺。近所の女性(69)にも重傷を負わせたとして、起訴されていた。(岩本修弥)