第4回村上春樹さん、スタン・ゲッツを語る 自身が訳した評伝の朗読も

野波健祐
[PR]

 作家の村上春樹さんが自前のレコードをかけながら音楽について語るイベントが早稲田大学国際文学館(通称・村上春樹ライブラリー)で13日に開かれた。ライブラリーの開館記念企画「Authors Alive!~作家に会おう~」の第4回。村上さんは「いろんな音楽を聴くんだけど、最初はジャズでいきたいな」と話し、自ら訳した評伝『スタン・ゲッツ 音楽を生きる』(ドナルド・L・マギン著、新潮社)をときおり朗読しながら、ジャズサックス界の巨人の生涯を振り返った。

 ゲッツは1927年生まれ。貧しい家庭に生まれながら、中古のサックスを手に入れ、15歳からプロとして演奏活動を始めた。村上さんは「彼には特別な才能がいくつかある。一つはリード楽器は何でも吹けちゃう。それから楽譜をぱっとみて初見で吹けちゃう。どこのバンドに行っても重宝されるわけです」。イベントの1曲目は21歳、ウディ・ハーマン楽団在籍時の「アーリー・オータム」。その後は曲の背景をジャズ史とからめ、自らの思いを交えながら次々と紹介していった。

 「高校生の時に聴きまくり、これでゲッツを好きになった」という「フォーカス」からの「ア・サマー・アフタヌーン」、「ゲッツのボサノバは他の人とは全然違う。彼のリリシズムとブラジル音楽の親和性はほかでは得がたいもの」と言いながらかけた名盤「ゲッツ/ジルベルト」からの「コルコヴァード」……。

 華やかな音楽遍歴の影で、ゲッツは終生、酒と麻薬の中毒に苦しんだ。「音楽が独立生命体のようにある。宿主がでたらめでも進化していくんです」

 最後は64歳で亡くなる3カ月前、がんに侵されながらも豊かな響きを聞かせた91年のライブ演奏から「ファースト・ソング」。村上さんは訳書のあとがきの朗読でイベントを締めくくった。

 「ゲッツの音楽の神髄はそのリリシズムにある。センチメンタリズムを超えた深い叙情精神だ。しかしそれはあくまでコインの一面に過ぎない。その美麗な精神の裏には避けがたく、残忍なデーモンがひっそりと潜んでいる。明と暗。光と闇。あなたは自由意志で、そのどちらかを選択することはできない。選ぶのはあなたではなく、彼らなのだ。そして真の美とは、根源にそのような危険な成り立ちを避けがたく抱えたものなのだ」(野波健祐)

◆村上春樹さんがかけたスタン・ゲッツのレコードリスト

①「Early Autumn」(ウディ・ハーマン楽団、1948年)

②「Split Kick」「Dear Old Stockholm」(レーベルはルースト、1949年)

③「Move」(ボストンの「ストーリーヴィル」でのライブ、1951年)

④「Lover Come Back to Me」(ビリー・ホリディと共演、「ストーリーヴィル」でのライブ、1951年)

⑤「These Foolish Things」(1952年のアルバム「Stan Getz Plays」)

⑥「It Don’t Mean a Thing」(ディジー・ガレスピーと共演、1955年のアルバム「Diz&Getz」)

⑦「Cherokee」(ライオネル・ハンプトンと共演、1955年のアルバム「Hamp&Getz」)

⑧「Spring Can Really Hang You Up The Most」(ニューヨークの「ヴィレッジ・ゲート」でのライブ、1961年)

⑨「A Summer Afternoon」(1961年のアルバム「Focus」)

⑩「Corcovado」(ジョアン・ジルベルトと共演、1964年のアルバム「Getz/Gilberto」)

⑪「La Fiesta」(1972年の「モントルー・ジャズ・フェスティバル」でのライブ)

⑫「First Song」(デンマークの「カフェ・モンマルトル」でのライブ、1991年)