ダンプ荷台の枠を不正改造 4倍過積載の疑いで産廃業者7社摘発

大山稜
[PR]

 不正に改造したダンプカーで大量の土砂を運んだとして、警視庁は小池建材(東京都八王子市)の社員ら男3人を道路交通法(積載の制限)違反の疑いで逮捕し、16日発表した。ほかに同社を含む産業廃棄物処理関連の7社を同法違反容疑で書類送検した。同庁は、過積載で産廃を効率よく運び利益を得ていたとみている。

 交通執行課によると、逮捕・送検容疑は6月8日、大型ダンプカー1台に最大積載量の約4倍にあたる約2万6500キロの土砂を載せ、八王子市の工場から山梨県に運んだというもの。

 土砂の処理は小池建材がゼネコンから依頼され、5社を挟み、最終的に東京都あきる野市の坂本興業=同容疑で書類送検=がダンプカーを出していた。このダンプカーには土砂を積むことは認められておらず、荷台の枠が1メートル以上高く改造されていたという。

 小池建材の社員らは容疑を認め、「2015年ごろから、協力して不正な運搬を繰り返していた」などと話したという。昨年10月ごろ、「不正改造のダンプが使われている」と警視庁に匿名の通報があり、同庁が調べていた。(大山稜)