広島カープ元監督の古葉竹識さん死去 セ・リーグ初優勝に導く

 プロ野球の広島東洋カープをセ・リーグ初優勝に導くなど、監督として「赤ヘル軍団」の黄金期を築いた古葉竹識さん(こば・たけし)さんが12日、死去した。85歳だった。広島球団が16日発表した。葬儀は近親者で営んだ。

 熊本市出身。済々黌高、専大、日鉄二瀬を経て1958年に広島に入団。俊足巧打の内野手で盗塁王を2度獲得した。70年に南海ホークス(現福岡ソフトバンクホークス)に移籍し、71年に引退。南海コーチとなり、74年から広島コーチ。75年5月、ジョー・ルーツ監督の突然の辞任を受けて監督に昇格、いきなりセ・リーグ初優勝を果たした。79、80、84年と優勝を重ね、この3季は日本シリーズも制した。

 85年の退団後、87~89年は大洋ホエールズ(現横浜DeNAベイスターズ)の監督を務めた。監督通算成績は873勝791敗137分け。現役通算は1501試合、1369安打、44本塁打、打率2割5分2厘。

 99年に野球殿堂入り。2008年から東京国際大学の監督も務めた。