長引く在宅勤務が体臭強める?加齢臭、体調知る手がかり

有料会員記事

矢田文
[PR]

 在宅で過ごす時間が増え、自分や家族の臭いに敏感になった人も多いのではないだろうか。在宅勤務が増えている人は、特に「加齢臭」が強くなりやすいかもしれないという調査結果もある。どんなことに気をつければいいのだろう。

 加齢臭は、古本や古い油、チーズのような臭いに例えられる。正体は「ノネナール」という物質だ。毛穴の奥から分泌される皮脂に含まれるパルミトオレイン酸と過酸化脂質が反応して生じる。一般的に男性は50歳前後から、女性は閉経後に増える。男性のほうが汗や皮脂などの分泌量が多いため、臭いが強くなりやすいとされる。

 在宅勤務との関係は、ロート製薬大阪市)が9月に研究結果をまとめている。30~60代の男性10人に、1日は在宅勤務、1日は出社勤務をしてもらい、臭い物質の分泌量に変化が出るのかを調べた。すると、ノネナールの分泌量は、在宅勤務のほうが1・5倍ほど多くなった。研究に関わった担当者は「ノネナールの生成メカニズムは男女とも同じなので、女性も同様の結果が得られるのではないか」とみる。

 出社勤務のほうが動いたり汗…

この記事は有料会員記事です。残り956文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!