ノムさんに教わった古葉竹識さん 広島に「考える野球」注入

有料会員記事

稲崎航一
[PR]

 プロ野球広島をセ・リーグ初優勝に導いた古葉竹識さんが亡くなった。評論家時代の古葉さんと一度だけ、お話をさせていただいたことがある。

 地方球場でのオープン戦だった。記者室で偶然隣り合わせの席となり、試合を見た。

 無死一塁から8番打者の捕手が送りバントをして、続く9番打者の投手が凡打に倒れた。わたしは「なぜ8番に送らせて、投手に打たせるんだ。点が入るわけがない」と不満げにつぶやいた。

 すると、隣で静かにスコアをつけていた古葉さんが、たしなめるように言ってくれた。

「別にあえて投手に打たせたい…

この記事は有料会員記事です。残り502文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら