習氏の笑顔の裏にある深い失望 米中関係、共存が無理なら「闘争」も

有料会員記事

中国総局長=林望
[PR]

米中首脳会談/記者解説

 米バイデン大統領の就任以来、米中首脳がオンラインながら初めて顔を合わせた。関係改善への意欲も示した中国の習近平(シーチンピン)国家主席だが、米国への不信は根深い。新たな時代の両国関係を「競争」と定義することへのアレルギーは強く、険しい局面の出口は遠いままだ。

 双方の発表によると、習氏とバイデン氏は会談の冒頭、互いに右手を上げ、笑顔を振りまいた。

 「中米は互いに尊重して平和共存し、協力してウィンウィンを目指さねばならない」

 国営新華社通信によると、習氏は冒頭、これまで米国に繰り返し求めてきた立場を強調した。

 3時間半に及んだ会談を、中国外務省は「建設的、生産的な会談で、中米関係に対する前向きな期待を高めた」と評価。緊張関係の中でも、グローバルな課題で手を携えることができるとアピールした。

習氏、米国に連携呼びかけ

 しかし、米中の緊張は1度の首脳会談で氷解するような状態にはない。

 この日も台湾問題をめぐり…

この記事は有料会員記事です。残り953文字有料会員になると続きをお読みいただけます。