テニス女子選手への性的暴行疑惑、中国に調査要求 消息不明案じる声

有料会員記事

ロンドン=遠田寛生
[PR]

 テニスの女子ツアーを統括するWTAが、中国に対して公正な調査を求めている。

 女子ダブルスの元世界ランキング1位で、4大大会のウィンブルドンや全仏オープンで優勝した彭帥(35)についてだ。

 今月2日に、中国の短文投稿サイトの微博(ウェイボー)で拡散した彭帥のものとされる投稿があった。共産党最高指導部メンバーだった張高麗(チャンカオリー)前副首相(75)から性的暴行を受けたという内容だった。

 その後も、不倫関係にあったとしている。内容の真偽は不明で、投稿はすぐに削除されている。

 WTAは14日にチェアマンのスティーブ・サイモン氏の名前で声明を発表した。

 「全ての女性と同じように彭帥の言い分も聞くべきだ。検閲されてはならない。彼女の告発は、厳粛に扱う必要がある」

 そして完全かつ公平で、透明性をもった調査を中国側に要求。うやむやに終わらせないことも期待した。

 「このことを打ち明けた彼女の勇気や力を称賛したい。選手の健康と安全は、我々にとって最優先事項だ。正義がなされるために、我々は声を上げた」

SNSには様々な臆測が

 米CNNなどによると投稿が…

この記事は有料会員記事です。残り324文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    野村周平
    (朝日新聞スポーツ部記者=スポーツ行政)
    2021年11月17日10時57分 投稿
    【視点】

     中国共産党幹部から性的暴行を受けた、と訴えたプロテニスの彭帥選手の告白について、テニスの女子ツアーを統括する団体が中国政府に公平な調査を求めています。   一つのスポーツ組織が政府に対して声明を出し、選手の安全や人権を担保するよう求める