盛り土問題、県が規制条例改正案 市町の連絡協議会で説明

植松敬
[PR]

 熱海市土石流災害で被害を甚大化させたとされる盛り土をめぐり、静岡県は16日、盛り土を規制する新条例案を市町の担当者らが集まる連絡会議で示した。現在の条例の届け出制を許可制に変更し、罰則には懲役刑も設ける。来年7月の施行を目指す。

 新条例案では、1千平方メートルまたは2千立方メートル以上の盛り土は許可制となる。土地所有者には、定期的な報告を義務化する。罰則は現行の罰金20万円以下から、地方自治法の上限(懲役2年以下または罰金100万円以下)に引き上げる。

 現行条例では、面積1ヘクタール未満の行政手続きは各市町に権限移譲しているが、新条例案では原則として市町に権限委譲はしない。ただ、市町で新条例よりも厳しい規制を設けている場合は適用除外となる。

 連絡会議は非公開で実施され、県内の土木事務所や市町の担当者ら約60人が出席した。県土地対策課によると、条例案の大まかな方針に異論はなかったが、「対象の面積をもう少し狭くしてほしい」などの意見があったという。

 今後はパブリックコメントで意見を募り、検察庁と協議し、来年の2月議会に諮る。7月1日の施行を想定しているという。(植松敬)