合唱団こぶ・倉敷少年少女合唱団、意気込みは 全日本合唱コン

有料会員記事

菅野みゆき
[PR]

 第74回全日本合唱コンクール全国大会(全日本合唱連盟、朝日新聞社主催)の大学職場一般部門が20、21の両日、岡山シンフォニーホール(岡山市北区表町1丁目)で開かれる。コロナ禍で昨年は中止となり、2年ぶりとなる今年は感染対策を徹底し、有観客で開催する。県内からは11回目となる「合唱団こぶ」と4回目の「倉敷少年少女合唱団」が出場する。両団体とも今月上旬には、同ホールで直前練習を行った。(菅野みゆき)

合唱団こぶ

 「マスクをしていると、母音が不明瞭になる。いつもの1・5倍気をつけて」。6日、シンフォニーホールに、「こぶ」の指揮者で、くらしき作陽大子ども教育学部教授、大山敬子さん(63)の声が飛んだ。

 総社市を拠点とする「こぶ」…

この記事は有料会員記事です。残り1028文字有料会員になると続きをお読みいただけます。