東京・上野動物園の双子パンダ、ママと一緒に初めてお外に出たよ

本間ほのみ
[PR]

 上野動物園東京都台東区)で6月に生まれた双子のジャイアントパンダ、オスの「シャオシャオ(暁暁)」とメスの「レイレイ(蕾蕾)」の最新状況が16日、公開された。これまで屋内で過ごしてきた2頭だが、母親のシンシンを追って初めて外に出た。

 上野動物園が公開したのは15日に撮影した145日齢の双子。体重は10キロ近くになり、職員が抱き抱えるのも大変になってきたという。動きはどんどん活発になっており、10日にはシンシンを追いかけて2分ほど、屋外に出た。生まれてから屋内で過ごしてきた2頭にとっては初めての場所だったが、驚く様子はなく周囲を探検していたという。2頭でじゃれあう様子もよく見られている。

 10月中旬から双子はシンシンと一緒に過ごしている。母乳を飲みつつ、体重の増減に応じて人工乳も飲んでいるという。(本間ほのみ)