三笘の決定機を巻き戻すとみえる チームの力(中西哲生コラム)

有料会員記事

[PR]

 サッカーW杯予選のオマーン戦は、引き分けとは天と地の差の1―0の勝利。前半0―0の重苦しい空気を晴らしたのは、後半アタマから投入された三笘薫選手が最初に見せたプレーでした。

 左サイド外側で幅を取ったポジションからドリブルで仕掛け、2人の相手DFをぶち抜きファウルをもらい、「こうすればいいんだ」と空気を変えてくれました。

 スタメンをみると、森保一監督は出場停止のボランチ守田英正選手のところに柴崎岳選手を戻したほかは、ベトナム戦から序列を変えませんでした。

 日本の4―3―3に対して、相手は4―3―1―2で真ん中を固める形。戦前の予想通り、前半は中盤のダイヤモンドでしっかりとふたをされ、トップの大迫勇也選手にボールを入れるのが難しい状態でした。ピッチはベトナム戦より良かったので、スペースが空いた外側から質の高いクロスは上がりましたが、前半は崩すには至りませんでした。

 森保監督はどこかで勝負をかけるだろうとは思っていましたが、後半最初から三笘選手を投入したのは意外でした。早く動くタイプの監督ではないですし、逆に言えば「絶対に勝ち点3を取る」という意思表示だったのかもしれません。

 前半は相手が引いている状態で、スペースのあるサイドからの攻めであまりチャンスを作れなかった中、4―3―3のスリートップの左に三笘選手は投入されました。三笘選手のドリブルは小回りとブレーキが利くので、背後にスペースが少なくても突破できます。この早めの選手交代が功を奏し、後半は前半よりもチャンスを作り出せるようになりました。

それでも得点が奪えない。次のカードは

 ただ、それでも得点が奪えな…

この記事は有料会員記事です。残り1405文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!