第72回【新聞と戦争・アーカイブ】イベントは過熱する:4

有料会員記事

[PR]

【2007年6月8日夕刊3面】

 1940年、東京では日本万国博覧会と、第12回オリンピックが開かれるはずだった。

 近衛文麿首相は、万博をこう呼んだ。

 「光輝ある紀元二千六百年を慶祝する挙国的大事業」

 建国神話の「神武天皇即位」から2600年とされた特別な年だ。国の内外へ向けた「国威発揚」への期待を、五輪と万博は負っていた。

 経済的な期待も大きかった。実業界から日本万国博覧会会長になった藤原銀次郎は、新聞社幹部を招いた席で、万博関係で消費される金は3億3500万円との胸算用を披露した。

 準備が進む37年夏、日中戦…

この記事は有料会員記事です。残り850文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載新聞と戦争アーカイブ(全107回)

この連載の一覧を見る