第90回【新聞と戦争・アーカイブ】表現者たち:7

有料会員記事

牧村健一郎
[PR]

【2007年10月23日夕刊2面】

 1943(昭和18)年10月21日、東京は朝から冷たい雨が降っていた。

 東京音楽学校声楽部の学生だった、声楽家音楽評論家の畑中良輔(85)は、暗い気分で雨空を見上げ、神宮外苑にむかった。

 太平洋戦争が始まって2年。戦局は次第に悪化し、主として法文科系学生の徴兵猶予が停止され、彼らを送る出陣学徒の壮行会が外苑競技場で行われた。

 畑中は1級下の後輩を見送るため、レインコートに身を包んで、スタンドにひっそり座った。自分にもいつ召集令状がくるかわからなかった。

 東京帝国大学を先頭に、各大学の学生の行進が始まった。鉄砲をかつぎ、ゲートルをまいた学生たちが、水たまりの中をひざをあげて行進する。

 東条英機首相の演説の後、「…

この記事は有料会員記事です。残り744文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載新聞と戦争アーカイブ(全107回)

この連載の一覧を見る