第3回何でも対応…「私たちはコンビニ」 気持ちの糸が切れた保護者の一言

有料会員記事

阿部朋美
[PR]

 午後7時すぎ、東海地方の中学校で、職員室の電話が鳴った。

 「兄弟げんかをしているから、止めてほしい」

 30代の女性教員が受けたのは、保護者からのそんな電話だった。

 管理職に相談すると、「行ってあげて」と言われた。

 生徒の自宅に急行し、兄弟をなだめて学校に戻った。そして、また残っていた仕事を再開した。

 こうした「呼び出し」は珍しいことではない。

 生徒の万引きが発覚して、店から迎えに来るよう言われる。

 SNSで生徒間のトラブルが発生したからと、生徒たちに聞き取りに行く。

 夕方の退勤時間後に対応することもある。

 同じ学年の同僚教員が向かう場合は、戻ってくるまで帰れないこともある。それが暗黙の了解だからだ。

 「私たちはコンビニだからね」

 同僚たちとそう自嘲することもある。

 教員は24時間対応する便利な存在――。生徒や保護者から、そう思われているのでは、と感じる。

 いつからか、学校に対して過度な要求をする親が「モンスターペアレンツ」と呼ばれるようになった。

 自身も、保護者の要求は年々大きくなっていると思う。

 ある時、不登校傾向だった中3の生徒の保護者から、他の生徒がいない早朝に登校をさせたいと頼まれた。

保護者の依頼に応え続けてきた女性教員ですが、「もう限界」と感じる出来事がありました。新人教員が辞めることもあり、働く環境の改善を訴えます。

生徒への発言、ノートに記録

 保護者の仕事の都合で、登校…

この記事は有料会員記事です。残り1141文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    おおたとしまさ
    (教育ジャーナリスト)
    2021年11月21日18時54分 投稿

    【視点】「今の教員の働き方では、いい子、まじめな子ほどつぶれる」。 私も似たような言葉を現役校長から聞いたことがあります。時代の変化もあるようです。 「私たちが教師になったころより、優秀な新人が多いんです。指導方法も勉強していますし、子どもの扱

連載いま先生は(全14回)

この連載の一覧を見る