第4回授業を工夫したら「隣のクラスと差がつく」 熱血教員は学校を去った

有料記事

高浜行人
[PR]

 関西地方の小学校に6年間勤めた男性(32)は今春、教員を辞めた。

 いつもやる気にあふれ、何よりも授業に力を入れてきた。

 それが暗転したのは、その「授業」を巡る、ある出来事がきっかけだった。

 26歳で採用され、6年間、毎年学級担任を務めた。

 子どもたちと向き合うことに、喜びを感じていた。

 勉強が分かった時のうれしそうな表情を見たとき、担当した子が卒業後に顔を出してくれたとき。

 やりがいを感じる瞬間は何度もあった。

 子どもの学力を高めたい一心で、授業準備や教材研究を仕事だと思ったことは一度もなかった。土日も自宅でパソコンに向かった。

 特に力を入れていたのが、英語教育だ。

 大学を卒業後、海外で働きながら英語力を養った。その経験から、「読む」「書く」「聞く」「話す」の4技能をバランス良く養成するために、どうしたらいいかを考えた。

 朝の時間に、さいころを振って出たテーマについて英語で話す活動も採り入れた。

 子どもたちは物おじせずに取り組み、力がどんどん上がった。

 一方、仕事には疑問もあった。授業に関係のない業務が多すぎることだ。

 放課後にはまず、校内の会議や研修、打ち合わせがある。

 それが終わると、事務仕事が待っている。

 代表的なのが、学校の庶務を教員が分担する「校務分掌」だ。

 3年間担った「会計」では、遠足などにかかった費用を計算して精算書をつくり、全ての領収書を貼り、事務職員に提出するといった作業がある。

 提出後に「3円違っている」と指摘され、数日間かけて全ての数字をつきあわせ直したこともある。

 疑問が募った。

 「これって教員の仕事なのか」

教員の苦悩は、事務作業だけにとどまりません。記事の後半では、授業に力を入れてきた男性教員が、別の道を選ぶようになったいきさつをまとめています。

苦労が評価された矢先に

 本来、放課後は翌日の授業準…

この記事は有料記事です。残り1589文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
  • commentatorHeader
    宮坂麻子
    (朝日新聞編集委員=教育・こども)
    2021年11月22日19時15分 投稿
    【視点】

     「ほかのクラスと差が出てしまう」……。10年以上、小中学校の授業のルポをしていますが、特に小学校では、優れた先生ほど周囲の先生からよくこうした言葉をかけられると聞きます。学年主任ではない、若い先生はなおさらです。  「平等」という言葉に

  • commentatorHeader
    内田良
    (名古屋大学准教授・教育社会学)
    2021年11月22日18時31分 投稿
    【視点】

    小学校の学級担任制における英語の授業で、他の学級との間に差ができてしまう。この問題については近い将来でいうと、教科担任制が一つの解決方法になると思われます。ただ、今回の記事はそうした目先の解決だけでは終わらない、重大な課題を示しているように

連載いま先生は(全14回)

この連載の一覧を見る