古墳時代中期の石組み方形池跡を発見 奈良・高取の清水谷遺跡

有料会員記事

清水謙司
[PR]

 朝鮮半島出身の渡来人たちが多く住んだとされる奈良県高取町の清水谷遺跡から、石組みで方形をした古墳時代中期ごろ(5世紀中ごろ)の人工池の跡が見つかった。町教育委員会が17日発表した。同じ形態の人工池としては国内最古級という。用途は不明で謎も残るが、専門家は水にまつわる祭祀(さいし)で使われた可能性があると指摘している。

 同町は古代、渡来系氏族「東漢氏(やまとのあやうじ)」の拠点だったとされる。清水谷遺跡では過去の調査で、東漢氏に関係する集落ともされる建物跡などが見つかっている。

 町教委によると、発掘調査で見つかった池は、東西26メートル、南北13メートルの長方形だったとみられる。池の周辺は護岸の跡があり、川原石が積み上げられていた。池の深さは約50センチ。周辺からは5世紀中ごろ~後半ごろの土器も出土した。

 護岸内側の貯水部分からは建…

この記事は有料会員記事です。残り725文字有料会員になると続きをお読みいただけます。