MOX燃料、高浜原発に到着 国内搬入4年ぶり 仏から2カ月かけて

佐藤常敬
[PR]

 関西電力高浜原発福井県高浜町)に17日、使用済み核燃料を再処理して作ったプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料16体を積んだ輸送船フランスから到着した。関電によると、海外からMOX燃料が日本に運び込まれるのは2017年9月以来4年ぶり。同原発4号機でのプルサーマル発電に使う。

 17日朝、原発構内の岸壁に輸送船が接岸。燃料の入った長さ約6・2メートルの輸送容器がクレーンで下ろされ、関電社員と福井県職員が放射線量を測定した。

 プルサーマル発電は、通常使うウラン燃料に、使用済み燃料から取り出したプルトニウムを混ぜたMOX燃料を利用して発電する。MOX燃料は現在、日本国内では製造できない。関電が使用済み核燃料を送り、仏の核燃料加工会社「オラノ」のグループ会社が20年11月に製造を始め、21年7月に完成させた。輸送船は同9月にフランスを出港したという。

 国内で近年、プルサーマル発電を実施しているのは高浜原発3、4号機のほか、四国電力伊方3号機(愛媛県)、九州電力玄海3号機(佐賀県)の計4基。17年9月のMOX燃料国内搬入も高浜原発向けだった。(佐藤常敬)