立憲代表選、泉・逢坂・西村3氏が軸に 方向性は支援グループがカギ

有料会員記事立憲

[PR]

 枝野幸男前代表の後任を決める立憲民主党の代表選(19日告示・30日投開票)で、新たに西村智奈美元厚生労働副大臣(54)が17日、立候補を表明した。すでに表明している泉健太政調会長(47)と逢坂誠二元政調会長(62)と合わせ、3氏が名乗りを上げた。小川淳也元総務政務官(50)と大串博志役員室長(56)が立候補に向けて一本化できないか、調整を続けている。

 「多様性のある立憲民主党として、多様性のある社会をめざすための政治。新型コロナウイルス禍の中で困難に直面している方々に寄り添い、理不尽を減らしていく政治を実行したい」。17日午後、国会内で立候補表明した西村氏は、こう強調した。

 西村氏を後押ししたのは、選択的夫婦別姓の導入など「ジェンダー平等」を掲げる党として「女性代表を実現したい」(石橋通宏参院議員)という声だ。自民党総裁選に女性2人が立候補したことも影響した。

 西村氏は来夏の参院選について「できるだけ(男女)同数をめざしたい」と述べ、女性候補擁立を進める考えを示した。

 会見をした時点で立候補に必要な20人の推薦人を確保できていないが、西村氏は「仲間に働きかけ、必ず立候補したい」と語った。

 すでに立候補を表明した泉、逢坂両氏もこの日、正式に記者会見を行った。

 泉氏は「党が背負っている負のイメージを前向きなイメージに転換し、外交や経済、安全保障で十分政権を担える政策、発信を強化しなければならない」と指摘。「党の自律再生」の必要性を強調し、教育無償化などに力を入れるとともに、税金の無駄遣いを改める「改革」の姿勢を打ち出す考えを示した。

 枝野路線の継承を求めるグループから擁立された逢坂氏も記者会見で、「立憲が国民から十分な信頼を得られていない。比例で議席を減らしたのは、党の魅力が欠けているからだ」と厳しい現状認識を示した。

 その上で、首長経験者としての「実務経験」をアピールし、「国民の役に立つ、信頼できる政党となるっていうことが大事だ」と語った。

 この日は党本部で立候補予定者への事前説明会が開かれた。西村、泉、逢坂の3陣営のほか、立候補を「検討」している大串、小川両氏の陣営も参加した。

 小川氏について、旧維新の党出身の重徳和彦衆院議員が17日「応援したい気持ちはある」と自身のグループの会合で語った。野田佳彦元首相グループの幹部が調整に入り、大串氏との間で一本化を模索している。

党の軸足、野党連携…鍵を握る党内グループ

 新代表にとって、来夏の参院…

この記事は有料会員記事です。残り566文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら