「ねぇ、どっちがいいと思う?」 アパレル店員が気づいた満点の答え

有料会員記事

若松真平
[PR]

 試着室で着替えた彼女が、彼氏に向かってこう尋ねた。

 「ねぇ、どっちがいいと思う?」

 アパレル店員歴7年の渡(わたり)とらさんにとって、よく見かける光景だ。

 直前までスマホをいじっていた彼氏は、それほど興味がなさそうに見える。

 「どっちでもいい」と答えたら、いかにも関心がないと思われるだろう。

 「こっちがいい」と断定したら、違った場合に長引いてしまう可能性がある。

 「もう一方はどんなやつだっけ?」

 「持ってなさそうな方がいいんじゃない」

 そんな答え方もあるが、彼氏はどれを選ぶだろうか。

 しばらく眺めていたら、結局「どっちでもいいと思う」だった。

 彼女は「いつも、それじゃん!」と怒っていた。

    ◇

 こうしたやりとりの中で、「100点満点の回答だ」と思う場面に出くわしたことがある。

 ドレスを選んでいた彼女が「ねぇ、ねぇ、どっちがいいと思う」と尋ねると、彼氏が笑顔で答えた。

 「僕は洋服のことはわからな…

この記事は有料会員記事です。残り1999文字有料会員になると続きをお読みいただけます。