「タクシー代浮かせたかった」電動キックボードで飲酒事故容疑

[PR]

 酒を飲んだ後に電動キックボードを運転したとして、警視庁は18日、大阪市浪速区のアルバイトの男(25)を道路交通法違反(酒気帯び運転、安全運転義務違反)の疑いで書類送検した。

 男は当時、東京パラリンピックの警備スタッフで、競技場での勤務後に事故を起こして酒気帯び運転が発覚した。車両は自転車専用レーンを走れるようにする実証実験に参加するシェアリング事業者から借りたものだった。

 渋谷署によると、男は8月26日午前4時ごろ、東京都渋谷区の都道(明治通り)で酒気帯び状態で電動キックボードを運転したほか、走行中にスマートフォンを操作した疑いがある。信号待ちの救急車に追突した。救急車は搬送中ではなく、けが人はいなかった。

 男は勤務後に酒を飲み、宿舎に戻る途中だった。署の調べに「タクシー代を浮かせたかった」と話したという。都内では1~10月、電動キックボードが絡む事故が48件起きている。