そのナレーション、視覚障害者に任せて プロ声優も加わる専門事務所

有料会員記事東京インサイド

上田学
[PR]

 視覚障害者ばかりが登録するナレーション事務所が東京都内にある。スタッフはパソコンを駆使し、原稿を点字に変換して読み上げ、選挙カーの放送から映画のナレーション、オーディオブックも手がける。耳の良さを生かした繊細な声色をセールスポイントに、活躍の場を広げつつある。

 生まれつき全盲の北村直也さん(27)は、江東区の自宅でパソコンに向き合っていた。画面は見えないが、画面の文字を読み上げるソフトとキーボードを使ってパソコンを扱う。

 メールで届いた動画CMのナレーション原稿を専用の端末に取り込み、点字に表示していく。その点字原稿を指先で触りながら、今度はマイクに向かって「プロのノウハウを社内にインストール!」と落ち着いた声を響かせる。一通り収録を終えると、次にはパソコンで編集作業を進めた。

 北村さんはナレーション事務…

この記事は有料会員記事です。残り1036文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!
東京インサイド

東京インサイド

東京の気になるニュースや街の話題が満載。あなたの「!」「?」に答えます。[記事一覧へ]